転職を考えている人には、それぞれに時間の流れや背景があります。学校を卒業後の新入社員、勤務年数が長いベテラン社会人、結婚・出産を機に社会復帰で別の仕事を考える主婦、病気や身体を壊した事で生活環境を変えたいなど様々です。

 

1.どうして転職したいのか、しっかりした理由が言える?

 転職するのは、かなり精神的な負担がかかります。なんとなく今の仕事を辞めたいだと、次の仕事が漠然としてハッキリ絞れなくなります。大きく分けると身体的・精神的・経済的理由で、どれが一番強く気持ちに表れているかです。

 

2.これから先は、何を中心に働きたいかが絞れている?

 先ほどの身体・体力・経済的理由のすべて、自分の思う条件が揃った転職先を頭から探しても難しいと言えます。自分にとって何が一番大事か、必要なのかが見えてくると、転職先において何か不満が起きても、ぶれずに対応出来る事は多いと言えます。

 

3.転職先はプラス思考で検討できる?

 次の転職先には、異業界への挑戦やキャリアアップなど希望や期待を膨らませている人も多いでしょう。しかし、もし壁にぶつかったら?話が違う、仕事が合わないのでは?とマイナス思考では、何も進めなくなります。何が一番の転職理由かを意識するとプラス思考で探せるのではないでしょうか。

 

 転職をする時はエネルギーを使う分、自分自身に確認して自分が納得出来る転職先を見つける事が大事です。

 

 

ピックアップ
中卒の就職活動は強みを見つけること
中卒者の転職や就職をサポート


このページの先頭へ戻る