新卒時の就職活動の場合は、学歴が関係あったりその人自身のコミュニケーション能力が問われることがあります。それは転職時でも多少はありますが、転職の際に一番企業側から見られるのは、経験だと思います。経験というのは、職務経験のことで過去にどんな仕事をどのようにやってきたかです。

 

 つまり、面接の際には過去の自分の社会人経験についてしっかりと聞かれることになります。それにより、企業側から見れば自分の会社に利益をもたらす人材かどうかが、よく分かるからです。他にも、業種や職種が違っていても、経験によってはそれを大いに生かすことが可能になります。

 

 例を挙げれば接客業をしていた人なら、コミュニケーション能力に特化しているし、多くの人と自然に接することが出来るはずです。そのため、接客に関わらない仕事をする際でも、接客で鍛えたスキルはしっかりと生かすことが出来ます。

 

 つまり、過去の経験は業種や職種を超えてアピールをしていくことが出来ます。その際には、自分のことについてしっかりと分析が大切です。自己分析をすることにより、自分が何が得意で何に特化しているかをしっかりと把握が出来ます。

 

 つまり転職活動で一番大切なのは、自分の経験をどうやって仕事に生かして、企業に対して利益を追求できるかを、しっかりとアピールできることです。それが出来れば、転職活動もうまくいく可能性が高まります。



このページの先頭へ戻る