転職となると必ず必要なことは、面接ですが、ここでの印象によって結果が大きく変わってきます。そこで、面接時に気をつけたいことを挙げていきたいと思います。

 

 まず最初に大切なことは、「誠実さ」を印象づけることです。転職するということは、当然前に勤めていたということになりますが、そこでの習慣のようなものが身につきすぎて、新しい職場でのやり方に馴染めないという人も多いものです。そういう意味で、会社としてはなるべく素直に新しい職場に慣れることができる人を選びたいと思うものです。そこで、誠実さをアピールして新しい職場にも順応できることを訴えます。

 

 次に大切なのは、当然ですが業務をこなす能力です。会社は、あなたは何ができるのかを知りたがります。けれども、同じ業界であれば問題はないでしょうが、畑違いの業務内容となるなら、全くの未経験ということであり、その能力は未知数となります。すると、あなたの能力をどう判断すれば良いのかわかりません。

 

 そこで、汎用的にアピールできる能力は、「問題解決能力」です。問題点を見つけ出して解決する。その能力が高いことを、今までの仕事で具体的にどのような形で行ってきたのかを伝えてアピールします。

 

 業務は教えれば身につきます。けれども、そのような能力はそう簡単には身につけることはできません。それがすでに身についていることをアピールすることが、とても大切です。



このページの先頭へ戻る