転職すると給料は下がってしまうのかという事を書きたいと思います。前にニュースサイトで特集されていたのですが、転職した際は給料が下がる人が6割いるそうです。残りの4割の半分は上昇した、もう半分は現状程度となっていました。

 

 ではなぜ給料が下がるのに人は転職するのかという事を考えないといけないと思います。やはり、一番の原因は人間関係でその人間関係が嫌だから、仕方なく転職する人が多いようです。給料と人間関係を天秤にかけて、転職を選ばれるということです。

 

 やはり、転職するのならステップアップのため、給料アップのためという人が多いのかと思っていたら違う結果が出ていました。やはり職場環境が大事という事がこのデータで分かったと思います。じゃあ、人間関係がいい職場に出会うにはどうすればいいという事なのですが、それはやはり入社してみないと分かりません。

 

 会社の人全員と馬が合うなどという事は、絶対にありませんのでどこまで妥協できるかという事になると思います。やはり、転職してみたら、やはり前に会社の人間関係もそうだし、待遇面でもましだったという事がないように、最低でも給料が上がってないと意味がないと思います。

 

【人気ページ】
50代の仕事探し術
50代の失敗しない仕事探しとは?

 

 人間関係が多少嫌な転職先でも、給料がアップしているのだから我慢しようという事もできますが、給料も下がるし、人間関係も最悪という事がないように、転職する際は絶対に給料が上がる会社を選ばないと転職失敗と後悔することになると思います。



このページの先頭へ戻る