業務の引継ぎの重要性

 転職の際に、今の職場を雑に扱っていては、転職は成功しません。業務の引継ぎは次の職場にも影響してくるので、できる限りスムーズに行いましょう。転職をするからと言って、今の業務に責任がなくなるわけではありません。

 

業務の引継ぎが与える影響

 仮に業務の引継ぎがうまくいっていない場合、その分転職を遅らせなくてはなりません。つまり、その分転職が後手後手に回ってしまうのです。仮に転職が決まっていたとしても、時間をかけるあまり状況が変化してしまい、事態が悪化しかねません。今転職先が自分を求めていても、引継ぎをしている間に変わる可能性があるのです。最悪、入社していきなりリストラ候補に挙がりかねません。

 

社会の人間関係

 転職をしても、前の職場と交流を断つわけではありません。社会人において、人間関係は非常に重要なものです。何かと交友関係は広い方が得をするので、雑な業務引継ぎを行って信用を失わないようにしましょう。

 

早い段階から考えておく

 どうやって引き継ぐを行うのか、タイミングを見計らうためにも、早い段階からどうするかを考えておきましょう。いきなり引継ぎの話になっても対応できませんが、事前に考えておけば自然に引継ぎが行えるはずです。


このページの先頭へ戻る